Home » 日記 » ごく一部の人にすぎません

ごく一部の人にすぎません

ゲイの魅力について語っていきたいと思います。まずゲイの魅力として欠かせないのが中世的な性質です。
ゲイ=女のように男が好きだから、オカマなんだろう、化粧をしてスカートをはいて女になりたいんだろう?と思うのは間違いです。
ゲイの中におねえ系の人も確かにいますが、ゲイがみんなおねえ系なのかというとそんな事はなく、ごく一部の人にすぎません。

では中性的とはどうゆう意味なのかというと、女性に性欲を感じないためノンケの男性のようにガツガツしていない。
男の気持ちも理解できると同時に女性の気持ちも理解できるため、男からも女からも好かれるでしょう。

女性からも好かれるから・・・・と女性とも恋愛できるバイ(両性愛者)もいますが、ゲイとバイとはまた違うので混同しないように
して下さいね。
ゲイの男性は魅力的でいようと努力します。例えば女同士の方が化粧のチェックや服装のチェックなど同性であるが上に厳しいですよね。

ゲイの場合もそれと同じなのではないでしょうか?同じ男同士だからよけいに好感を得るためには努力を怠ってはいけないという部分は
必ずしもあるでしょう。ですから、美意識が高く、自分のボディラインを気にしますし、不摂生はせずにスポーツジムに通うという
ストイックな部分もあるはずです。もちこんこの場合の美意識は女っぽいという意味ではありません。男としての色気や筋肉がバランスよく
ついた男としてのボディラインのキレイさがあるのです。

ですから、ゲイが魅力的であるのは、努力しているからですし、そのためポイントなしで話せるアプリの男から見ても女から見ても魅力的に見えるのでしょう。
それにゲイである事でいろいろ差別や偏見を受けてきて苦労したり、傷ついたりしている分、とても性格的にも優しく思いやりのある人が多く、
内面もとても魅力的です。

関連記事

    None Found