そもそもの話ムダ毛とは何か?

現在の女性のファッションというのは肌を露出するスタイルが一般的ですので、肌が常に気になります。特に気になるのはムダ毛ではないでしょうか。ムダ毛というのは本来であれば意味のあるものですが、髪の毛と違って必要のない毛として嫌われています。

ムダ毛とは何か?

体の中には150万本もの毛が生えています。その中でも髪の毛やまつ毛に関しては大切にされるわけですが、その他に生えている毛についてはムダ毛と言われているわけです。毛の存在というのは本来外の刺激から体を守るために生えているわけですが、見た目が悪かったり、不潔に見えるとなるとムダ毛を剃りたくなってきます。

髪の毛であれば頭を守るためにありますし、まつ毛であれば目を守るためにあります。ムダ毛と呼ばれる毛であっても必要なので生えているという側面があります。

ホルモンの影響でムダ毛が増える

小学校の高学年に入ってから、男性ホルモンや女性ホルモンが活発化して、体つきがそれらしくなります。男性ホルモンであればムダ毛の発毛を促進したり、毛自体を太くする働きがあり、女性ホルモンであれば毛を薄くする働きがあり、両方のホルモンは必要です。

ストレスが増えると男性ホルモンが多く分泌される

ストレスが増えると男性ホルモンが多く分布されますので、ムダ毛が多く生えてきたり太くなるという効果があります。女性で男性ホルモンの分泌が多くなると困ってしまう人が多いのではないでしょうか。こういう風に目立つムダ毛を気にしながらファッションを楽しむことはできませんので、エチケットのためにムダ毛を脱毛したがる人が多くなります。

ムダ毛は必要なものだが、無駄なものは脱毛するべき

ムダ毛は体を守るために必要なものですが、無駄だなと思うものについてはエチケットのためにもC-3やキレイモのような脱毛サロンで脱毛をしたほうがファッションなどが楽しめます。それだけでなくムダ毛があるというストレスを解消することにもつながってきます。

関連記事: