医療脱毛機器の痛みについて知っておこう

医療脱毛とエステ脱毛など、脱毛には種類があるようですが、今人気になっている方法やもう今では使われていない方法などがあります。
では、脱毛クリニックで使われている方法やその痛みなどについて調べてみましょう。

医療脱毛機器は痛いの?

脱毛クリニックは医療行為とされており、医師によるカウンセリングから施術といった点が人気を集めています。
医療行為だからこそ、皮膚へのダメージなど安心して受けられるといった声が多く、少し高いけれども脱毛クリニックを選んで満足した!という女性も多いのです。

医療脱毛機器はエステ脱毛機器よりも出力が強いという事で、脱毛の期間も短くて済むと言われています。
しかし出力が高い!と聞くと同時に痛いのでは?と気になると思います。

痛みには個人差があり、また毛が太い箇所にはチクっとした痛みが走る事もあります。
しかしあまりにも我慢が出来ない!という人には「笑気麻酔」「麻酔クリーム」「麻酔シール」などを脱毛クリニックでは使用する事も出来ます。

人気がなくなった激痛脱毛方法

昔はエステ脱毛のひとつに二ドル脱毛というものがありました。
これは毛穴1つずつに二ドルを入れて毛根を焼くという脱毛方法で、一回ずつ激痛があり皮膚の中に熱もこもるので肌トラブルが多く発生したようです。

また、脱毛の仕上がりもあまり綺麗でない!という人も出てきてしまった為、今ではもう使われない方法になってしまいました。

どんどん進化する脱毛機器

脱毛ブームだからこそ、それに合わせて機器もどんどん進化しているようですね。
なので、今の医療脱毛でも我慢が出来ないくらいの痛みではない!と一般的には言われています。
安心して通える脱毛クリニックを探し、痛みなどについても詳しくカウンセリング時で聞くようにしましょう。

▼そのほかのおすすめ記事▼
医療脱毛はどれくらいの施術回数が必要?

関連記事: