脱毛サロンで脱毛をする必要性

脱毛の目的というのは美容のためにムダ毛を処理するためということと衛生上ムダ毛を処理しないといけないためという大きく分けて2つの目的があります。特に夏場は肌を露出させることが多いために、脱毛をする必要性に駆られます。脱毛は自宅で道具を揃えて行うか、脱毛サロンに通うわけですが、ここでは自宅脱毛と脱毛サロンの比較をしながら説明をしていきます。

脱毛はなぜ必要なのか?

美容としての脱毛について日本人はとても気を遣っています。美白とか美肌ブームというのは美しい肌を保つためにいろいろとケアを行うことですが、そういうケアの中にムダ毛処理というのも含まれています。ムダ毛処理は女性だけのものという印象がありますが、男性にとっても女性にモテるために必要になってきています。

体毛は皮膚を守るために必要なものではありますが、必要最低限以上に体毛が生えている場合はそれはムダ毛として処理をしたほうが見栄えが良かったりします。

お金を払って安心して脱毛できるのはどちらか?

自宅で脱毛をするのであれば、カミソリさえあれば脱毛をすることができます。皆さんの中でも自宅脱毛をやったことがありますが、頻繁にやらないといけなかったり、皮膚を傷つけたり、自分ではやれない箇所が出てきます。そうすると、自宅では完璧に脱毛をすることができないことが分かります。

脱毛サロンは確かにお金がかかりますが、回数を通えば自己処理が必要なかったりしますし、皮膚を傷つけたりすることはないですし、自分でやれないデリケートゾーンであっても脱毛することができるなど自分で脱毛をするよりもはるかに手軽で済みます。

本格的な脱毛をするなら脱毛サロンに行ったほうがいい

ムダ毛処理を毎日するのが面倒くさいというのであれば、脱毛サロンで脱毛をするのは決して悪くありません。このように本格的に脱毛がしたいというのであれば、やはりキレイモやC-3のような脱毛サロンに行ったほうがお金がかかりますが、脱毛をした後の最終的な満足度は高くなります。

脱毛サロンにおける支払い方法

脱毛サロンで脱毛をお願いする場合にはお金がかかります。お金の支払い方法というのは月謝制や回数制などさまざまありますが、その仕組みというのはサロンによって異なります。今回はサロンにおける支払方法について紹介していきます。

回数制の料金体系

回数制というのはどこの部位を何回の施術でいくらかという風に部位や回数によって料金体系が決まっているものです。部位と回数を選んで契約ができるので料金がはっきりしているという特徴があります。回数制の場合は契約を結んだ時に一括で支払うか、クレジットカードで分割払いにするかのどちらかになります。

回数無制限制の料金体系

回数無制限制というのは施術回数の制限が無い脱毛プランです。回数制に比べると料金は高くなりますが、納得するまで脱毛できるのであれば、十分に満足することができます。一括で支払うとなると高額になりますので月々の分割払いで支払うのが一般的です。

都度払い制の料金体系

都度払い制というのは1回ごとに支払いを行うというものです。数回だけ特定の部位を施術してもらいたいという場合に勧められますが、コース制よりも割高になる場合が多いですのでそこのところは注意してください。

月謝制の料金体系

月謝制というのは月○○円で施術を受けられるというように、毎月定額の料金を支払うことによって脱毛を受けることができます。一度に高額な料金を支払う必要が無く、いつでもやめることができ、分割払いのように金利がかからないのが月謝制のメリットに当たります。全身脱毛コースの場合に月謝制を取っているサロンが多く、C-3やキレイモの全身脱毛コースは定額制になっています。

支払方法はサロンによってまちまち

以上見てきたようにサロンで取り入れられている支払方法というのは大きく分けて4つに分かれてきます。脱毛をお願いしたい箇所が多いのであれば月謝制を取り入れているC-3やキレイモのようなサロンに行くといいでしょう。

脱毛サロンでの脱毛は痛くないのか?

ムダ毛を処理するのに時間がかかっている人もいるのではないでしょうか。ムダ毛処理は必要だからやるわけですが、いくら時間を掛けたとしても自己処理だと限界がありますし、出来ない箇所というのも出てきます。自己処理でできないというのであれば、C-3やキレイモなどの脱毛サロンに依頼するということです。脱毛サロンは最新の脱毛器を使用して処理を行ってくれるので、脱毛効果を高めてくれます。しかし、そこで気になるのは痛いのかどうかではないでしょうか。

光脱毛を採用している

現在多くの脱毛サロンで採用している方法というのは光脱毛(フラッシュ脱毛)です。光脱毛とは光エネルギーを脱毛箇所に照射して、毛根の組織まで破壊することにより、脱毛効果を高めます。光は黒い色素にしか反応しませんので、確実かつ安全に脱毛することを可能にしています。

光脱毛のメリットというのは肌への刺激が少ないことと施術時間が短いことです。前者の場合は肌への負担が少ないために、敏感肌などの人でも施術を受けることができ、後者の場合は広範囲に照射することができますので、短時間で施術を済ませることができます。

結局痛くないのか?

脱毛は痛いというイメージがありますので、痛みに我慢しながらサロンに行く必要があるのかどうか不安に感じる人もいますが、光脱毛を採用しているサロンであればそれほど痛みを感じることなく施術を受けることが可能です。

ただし、光脱毛であっても、肌の状態やスタッフの技術レベル、脱毛機の性能などにより痛さの度合いというのは違ってきます。人によっては痛さを感じたりすることもあるという程度です。C-3やキレイモでも痛くない施術を行ってくれますので安心してください。

痛さを感じる度合いは人それぞれ

サロンでは光脱毛を採用しているところが多いので、一般的には痛くない施術を行うことができます。ただし、痛さの度合いというのは人によって違ってきますので、実際にやってみないと分からないところはあります。

脱毛サロンでの施術の前にシェービングが必要

C-3やキレイモなどの脱毛サロンで施術を行う際には、事前にムダ毛を剃るシェービングが欠かせません。いちいち事前にシェービングを行うのは面倒くさいかもしれませんが、ムダ毛が伸びていると効果的に脱毛を行うことができませんので、前日か2日前にシェービングを行います。

事前のシェービングは電動シェーバーを使用する

事前にシェービングを行うのであれば、カミソリや毛抜きではなく電動シェーバーのほうが肌の負担がかからないのでふさわしいです。シェービングをした後のメンテナンスについても簡単にできるので、電動シェーバーを用意するべきです。

シェービングを忘れたりした場合の対応

もしかするとシェービングを忘れたり剃り残しがある場合脱毛サロンではどうするのかというと、サロンでシェービングをしてくれたり、剃り残しの部分は脱毛しないなどサロンによって対応が違ってきます。サロンでシェービングをしてくれる場合でも無料で行ってくれる場合と有料で行ってくれる場合とに分かれます。

シェービングサービスがあるか確認する

脱毛サロンでシェービングサービスがあるかどうかというのはまちまちになります。サービスでやってくれる所から、有料でやってくれる所までさまざまありますので、実際に確認を取ったほうがいいです。

キレイモの場合は月謝制ですとシェービング補助代金として1,000円がかかり、回数制ですとそれが無料になります。C-3の場合は電動シェーバーを持参すれば剃り残したときに無料で行ってくれます。自分でできないところについてはスタッフがやってくれて、自分でできるところは自分で行います。

事前にシェービングを行うべき

C-3やキレイモなどの脱毛サロンで施術を受ける前には、自分でできる箇所についてはきちんと電動シェーバーでシェービングを行ってください。どうしても自分で行えない場合に限りサロンのシェービングサービスを利用するようにしましょう。

色素沈着を起こさないためにも脱毛サロンで脱毛をしよう

家庭でもお気軽にムダ毛剃りをする方法としてカミソリや毛抜きを使って行う方法があります。この方法というのはムダ毛を処理するだけでなくいつの間にか肌を傷つけてしまい、色素沈着を起こす原因にもなります。間違った自己処理によって色素沈着が起こって肌が黒ずむというのではいけません。ここでは色素沈着のメカニズムと共にどうやったら色素沈着を起こさずに済むのかについて説明していきます。

色素沈着が起こる原因

色素沈着が起こって肌が黒ずんでくるわけですが、その結果というのがシミやほくろ、傷痕などで表れてきます。こういう症状というのはいずれもメラニンの代謝異常が原因となって起こってきます。

カミソリや毛抜きによってムダ毛を剃っていると肌に刺激が加わってきます。肌に刺激が加わると肌を守るという目的でメラニンが発生しますが、通常であれば肌がターンオーバーして生まれ変わりますので、色素沈着は次第に解消されます。しかし、肌のターンオーバーが乱れるとメラニンが正しく排出されずに、色素沈着という形で肌が黒ずんでしまいます。ムダ毛を自己処理したとしても色素沈着を起こすようでは結果としては失敗と言わざるを得ません。

色素沈着を起こさずに脱毛するには

色素沈着の原因というのは結果的に肌を傷つけることにあるわけですから、脱毛サロンを利用することによって色素沈着を起こさずに済みます。C-3やキレイモのような脱毛サロンを利用する場合には肌に優しい方法でムダ毛の処理を行うので、結果的に色素沈着を起こすことはないですし、脱毛後のケアもきちんと行いますので、そこのところは安心してもいいのではないでしょうか。肌に心配があるのであれば事前に相談すればいいでしょう。

きれいに脱毛してくれる脱毛サロンがおすすめ

色素沈着が起きる理由というのは自己処理によって肌を傷つけることにありますので、そういうことが起きる可能性が無いC-3やキレイモのような脱毛サロンを利用するといいでしょう。

そもそもの話ムダ毛とは何か?

現在の女性のファッションというのは肌を露出するスタイルが一般的ですので、肌が常に気になります。特に気になるのはムダ毛ではないでしょうか。ムダ毛というのは本来であれば意味のあるものですが、髪の毛と違って必要のない毛として嫌われています。

ムダ毛とは何か?

体の中には150万本もの毛が生えています。その中でも髪の毛やまつ毛に関しては大切にされるわけですが、その他に生えている毛についてはムダ毛と言われているわけです。毛の存在というのは本来外の刺激から体を守るために生えているわけですが、見た目が悪かったり、不潔に見えるとなるとムダ毛を剃りたくなってきます。

髪の毛であれば頭を守るためにありますし、まつ毛であれば目を守るためにあります。ムダ毛と呼ばれる毛であっても必要なので生えているという側面があります。

ホルモンの影響でムダ毛が増える

小学校の高学年に入ってから、男性ホルモンや女性ホルモンが活発化して、体つきがそれらしくなります。男性ホルモンであればムダ毛の発毛を促進したり、毛自体を太くする働きがあり、女性ホルモンであれば毛を薄くする働きがあり、両方のホルモンは必要です。

ストレスが増えると男性ホルモンが多く分泌される

ストレスが増えると男性ホルモンが多く分布されますので、ムダ毛が多く生えてきたり太くなるという効果があります。女性で男性ホルモンの分泌が多くなると困ってしまう人が多いのではないでしょうか。こういう風に目立つムダ毛を気にしながらファッションを楽しむことはできませんので、エチケットのためにムダ毛を脱毛したがる人が多くなります。

ムダ毛は必要なものだが、無駄なものは脱毛するべき

ムダ毛は体を守るために必要なものですが、無駄だなと思うものについてはエチケットのためにもC-3やキレイモのような脱毛サロンで脱毛をしたほうがファッションなどが楽しめます。それだけでなくムダ毛があるというストレスを解消することにもつながってきます。

アトピーや敏感肌でも脱毛を受けられるのか?

アトピー性皮膚炎や敏感肌の人は脱毛がしたいと思っていても何かトラブルが起きるのではないかと思い心配になることがあるでしょう。それに、そういう皮膚の疾患を持っている人は断られるという不安に感じることもあるでしょう。そういう人は実際に脱毛ができないのかどうか知りたいのではないでしょうか。

カウンセリング時に相談する

アトピーや敏感肌の人は肌が乾燥している状態ですので光を照射する際に痛みを感じやすいですので、カウンセリング時に相談をすることが必須になります。相談をしてみて施術を受けることができるのかどうかを判断してもらいます。特にアトピーの場合は医師に事前に確認を取ったほうがよく、場合によっては診断書を提出する可能性があります。

最近は肌に優しい脱毛器を導入しているところが多いので、アトピーや敏感肌であっても施術を受けられるところが多いです。しかし、肌荒れがひどかったり、色素沈着していたり、キズがあったりする場合は施術を受けることはできないです。

照射テストを受ける

C-3やキレイモのような脱毛サロンでは照射テストと言って脱毛器が安全に使用できるかどうかを試しに腕などに当ててみて、その様子を確かめることができます。一回試しに受けてみて痛くないかとか皮膚に以上が無いかなどを事前に確認することができます。そこで異常が出た場合には脱毛ができないという結果になります。

保湿ケアをきちんとやってくれる所を選ぶ

脱毛サロンではただ脱毛をするだけでなく肌を美しく見せるということも気を配っています。施術前と施術後の保湿ケアをしっかりとやってくれるサロンは最新の注意を払って肌トラブル防止に努めています。

脱毛を受けられるケースは多いが、カウンセリングを入念にやる

アトピーや敏感肌の人であっても肌に優しい脱毛器を使用したり、照射テストを受けられたり、保湿ケアをしてくれるなどで脱毛を受けることができるケースは増えていますが、個々の対応についてはカウンセリング時にしっかりと相談してください。